新卒紹介についてのこと

新しく、大学などを卒業して、新卒の人が入ってきた場合には、直属の上司の方々の場合には、新卒紹介を行わなければなりません。

理由としては、他の部署などとも関係がある会社などの場合、異動の時に、そちらの部署にお世話になる可能性が高いと同時に、また他の問題として、営業などの仕事をする新卒の人の場合には、まず、お客様にこのような社員が、新卒の人間として入りました、ということを新卒紹介として、お客さまにご報告しなければなりません。



特に、大事なお取引などの場合には、まず、お客様にしっかりと挨拶を行い、新卒紹介にて、このような社員がいますが、どうぞよろしくお願いいたします、という意味なども込めて、あいさつ回りなどを行う形になります。

新卒紹介情報を参考にしましょう。

このようなケースでは、おおよそ、直属の上司の方が、新卒紹介として、お客さまのお家にご挨拶にいっしょに行く、または、他にも他の部署に挨拶に行くことが、常とされています。


大規模な会社や、営業に重点を置いている会社、または接客業などの会社の場合には、このようなことはルールとして、当たり前であり、新卒の人自身も、会社によっては、部署の一人一人の先輩の方々や、お客様に、お手紙で「これからよろしくお願いいたします」といったような内容の手紙を、出し、しっかりと自分をアピールしていかなければならないケースもあります。

これは、社会に入った一歩として、礼儀として行われるものであり、このような会社は社員教育にも力を入れられています。
DYMの2013年度新入社員がサイトを制作しました。 >>DYM2013

Copyright (C) 2016 新卒紹介についてのこと All Rights Reserved.